トップ

マンション経営の時期

マンション経営を始めるべき時期

マンション経営は今がはじめ時

マンション経営は、わずかな自己資金で定期的な収入と老後の資産を得られることから、注目を集めています。その期待に応えるようにインターネットはもちろん、新聞広告やTV番組、解説本など、マンション経営を指南する情報は至るところにあふれています。

実際に始めるとしたら、まとまったお金が貯まってからと考えがちです。多くの人にとっては、退職金を受け取る定年後がそのタイミングとなるでしょう。けれども、それではむしろ遅い方であり、その分だけリスクも高くなります。

マンション経営の収入源は「賃料」です。入居者がいる限りは安定して入ってきますが、空室になった場合は、その間の収入が途絶えてしまいます。定年退職後は賃料で普段の生活を賄わなければいけないので、路頭に迷ってしまうでしょう。特に退職金だけでは購入資金が足りずに、ローンを組んだ場合はなおさらです。

そう考えると、30代や40代の働き盛りのうちにマンション経営を始めれば、賃料をローンの返済に回して、本業の収入で生活費を賄うことができます。マンションを経営することをお考えならこちら。

マンション経営は購入してから軌道に乗るまでが不安定です。もし空室を解消するために焦ってしまうと、不本意な賃料で入居させるなど、悪い条件を飲まざるを得なくなります。本業があれば、こうしたリスクにも余裕を持って対応できるのです。

マンション経営の始め方としては、まず販売されているマンションの情報を集め、そこから目ぼしい物件を絞り込みます。合わせて周辺地域の情報や家賃の相場などを確認しましょう。自己資金がゼロでもマンション経営はできますが、ある程度用意して借入額を抑えれば、ローンを組みやすくなったり、支払いにおける金利の負担が軽くなります。

もちろん購入する際は、たとえ物件が遠方にあっても、一度は実際に目で見て確認するべきです。書類のやり取りだけでは分からないマンション自体の状態や周辺の環境を実感できるでしょう。

Copyright © マンション経営を始めるべき時期. All rights reserved.