トップ / マンション経営シュミレーション

マンション経営の時期

マンション経営シュミレーション

シミュレーションを行う重要性

マンション経営を始めるには、購入を考えている物件に対して、収支のシミュレーションが必要です。購入の判断材料になったり、経営中のリスクを未然に防ぐことができます。マンション経営の失敗を避けるためにも、シミュレーションの重要性を理解しましょう。

まず、マンション経営の収入と支出には、主に以下のものがあります。
・収入→賃料、礼金、敷金
・支出→ローン返済額、税金、損害保険料、管理手数料、修繕費、諸経費
物件の価格からおおよその支出額は割り出せます。あとは、評価額や周辺物件の家賃などを参考にしながら賃料を決めていきます。この時に注意したいのは、あくまでも入居者の立場になって決めることです。決して自分の収益を優先してはいけません。

特に初めてマンション経営をする時は、初期費用を急いで回収しようと焦りがちです。けれども賃料の設定が適切で無ければ、逆に空室になるでしょう。

適正な賃料でも赤字になる場合は、自己資金を増やしてローンの負担を抑えるなど、削減できる支出が無いか考えます。この時も入居者のために必要な支出は手をつけないようにします。地域の不動産業者のアドバイスが参考になるでしょう。

賃料を確保するには、空室率を抑えることも重要です。そのためには借り手のニーズを敏感に把握し、賃料を見直したりマンションの設備を充実させるなどの工夫が必要です。また、入居者の募集に長けている不動産業者と手を組むのも一つの方法です。当然、両方とも修繕費や手数料など、それなりの支出を伴います。

マンション経営を長く続けていると、老朽化や入居者の使用による劣化は避けられません。常にメンテナンスを行い、良好な状態を保つことが空室率の改善につながります。毎月、賃料のいくらかを積み立て、大がかりな修繕が必要になった時の費用として確保しておくと安心です。

マンション経営を取り巻く環境は常に変化し続けています。シミュレーションは最初の1回だけではなく、定期的に行いたいものです。見通しを付けておくことで、緊急事態が発生しても慌てずに済むでしょう。

Copyright © マンション経営を始めるべき時期. All rights reserved.